新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6989   (公開日 2015年07月10日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品素材エレクトロニクス土木・建築基礎科学
材料中に含まれる水分子のダイナミクス測定による材料特性の予測
●内容  生体、インク、建材、土、コンクリート等の高分子水溶液やゲル、無機多孔質材料のうちには水が含まれおり、様々な状態で材料を構成する分子と干渉することで、材料の性質やその経年変化に影響を与えている。この様な材料と干渉する水を総称して結合水と呼び、その分量と分子運動の程度を知ることは、水を媒介した種々の化学反応、相変化の速度や力学的性質を知る上で重要である。非常に広い帯域の水分子の回転運動の速度とその量を測定する方法として、とりわけ誘電分光は、水がもつ大きな双極子モーメントの緩和時間として直接測定できる点で他の分光法にない特徴をもつ。
 この研究室では、
 1)極微量の材料を広帯域誘電分光することにより、材料中に含まれ
  る種々の緩和時間をもつ水分子の緩和時間分布を測定
 2)材料表面から1mm程度の深さまでの水分分布を測定
する技術を有している。
 本技術により得られる材料中の水分子のダイナミクスより、生体をはじめ材料の劣化に関連する水を媒介した種々の反応速度や、材料の力学的性質、不凍水量、水分活性等の推定に応用することを目指している。
 開発・研究を問わず、材料の性質と水分の関係について興味のある企業の相談、共同研究を行いたい。
●研究者
教授 白樫 了
生産技術研究所 機械・生体系部門
●画像


クリックで拡大

図1 結合水の概念図
(C) 白樫 了

図2 種々の含水率における生体由来タンパク質の緩和時間と緩和強度分布
(C) 白樫 了
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。