新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7057   (公開日 2015年11月12日) (カテゴリ バイオテクノロジー農林水産・食品
ミッシングピースを埋める植物ウイルス耐性機構
●内容  この研究室では、植物の病害防御を目的として多様な植物ウイルスに共通した感染戦略・病原性発現機構を明らかにすることを目的としている。これまでにシロイヌナズナ野生系統の中から、ユリなどに大きな被害を与え問題となっているポテックスウイルスの一種に強力な抵抗性を示す系統を発見し、JAX1(JACALIN-TYPE LECTINE REQUIRED FOR POTEXVIRUS RESISTANCE1)と名付けた。この遺伝子は、世界最大の果物と呼ばれるジャックフルーツの成分と類似するレクチンの一種であり、これまでにない新しいウイルス抵抗性を示した。
 JAX1のウイルス抵抗性を確認するため、JAX1を持たないタバコとJAX1を発現させたタバコにGFP(緑色蛍光タンパク質)を導入した光るウイルスを接種したところ、JAX1遺伝子を持たないタバコはウイルスに感染したが、JAX1遺伝子を発現させたタバコはウイルス感染が起こらなかった(図1)。このことから、JAX1はウイルス感染の初期段階で増殖を抑制することにより、強力な抵抗性を示すことが明らかになった。また、この研究成果では、植物レクチンが植物ウイルスの増殖を阻害するという機能を初めて明らかにした(図2)。
 JAX1はウイルス抵抗性の低い作物の耐病性向上に寄与できる発見と考えられる。この成果に関心をもつ自治体や企業と連携する用意がある。
●研究者
准教授 山次 康幸
大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻
●画像


クリックで拡大

図1 JAX1発現植物におけるウイルス抵抗性
左:JAX1遺伝子を持たないタバコ
右:JAX1遺伝子を発現しているタバコ
いずれも、GFPを導入した光るウイルスをつくり、植物に接種してウイルスに対する抵抗性を調べた。
(C) 山次 康幸、難波 成任

図2 動物と植物におけるレクチンの機能
動物レクチンは癌細胞増殖抑制・免疫活性化・ウイルス増殖阻害の機能、植物レクチンの一部も動物ウイルスの増殖を阻害することが明らかになっていた。この成果では植物レクチンが植物ウイルスの増殖を阻害するという植物における機能を初めて明らかにした。
(C) 山次 康幸、難波 成任
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。