新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7146   (公開日 2016年06月06日) (カテゴリ 農林水産・食品環境・エネルギー
第二世代バイオエタノール製造のための稲わらの加圧処理
●内容 ガソリン代替燃料として,サトウキビやトウモロコシから製造されるエタノールの生産量が拡大してきたが,食料との競合が懸念され,セルロース系のバイオマスを原料とする第二世代バイオエタノールの研究がすすめられている。日本では毎年約900万トン産出される稲わらが原料として期待されている。ところが現在の乾燥稲わらの収集運搬体系は畜産飼料としての利用を前提としており,エタノール原料としてはコストが高すぎる。また,北海道や東北の日本海側には広大な水田地帯があるが,収穫時の天候が不安定で,稲わらを十分に乾燥できない場合がある。そこで当研究室では稲わらを高水分のまま収集・加工し,エタノール原料として長期保存できる方法を研究している。_断・圧縮処理では稲わらの持つ水分を利用して水熱反応を生じさせる。加圧粉砕処理では植繊機という商品名の一軸エクストルーダを用いて,稲わらを処理する。ペレット化ではペレタイザにより稲わらのペレットを製造する。これらのいずれの方法においても,長期保存が可能であり,高密度化により輸送コストが低減し,酵素糖化の際の糖化率の向上が確認されている。またこれらの処理の際に,水酸化カルシウム等のアルカリを添加することで,より高い糖化率が得られる。
●研究者
教授 芋生 憲司
大学院農学生命科学研究科 生物・環境工学専攻
●画像


クリックで拡大

「植繊機(神鋼造機製)」一軸エクストルーダ式の加圧粉砕機,各種バイオマスの処理に用いられる。
(C) 生物機械工学研究室

「植繊機による製造物」稲わらを植繊機で処理すると,このよう固形物となり,酵素糖化率が向上する。
(C) 生物機械工学研究室
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。