新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7197   (公開日 2016年08月04日) (カテゴリ 機械情報・通信エレクトロニクス
進化計算による最適化デザイン
●内容 当研究室では、ダイナミックに変化する環境下での最適化について、進化計算(遺伝的アルゴリズムGA、遺伝的プログラミングGP)という設計ツールを有している。実データの提供を受けて、最適化設計のソフトウェア開発やコンサルタントが可能である。過去の実例では、ハードウェア回路の自動設計、知能ロボット、雑多な大きさの貨物のコンテナへの積み込み・積みおろしの手順の作成、自動作曲システムの構築、エンターテインメント設計、各種デザインなどがある。組合せ計量装置に関する特許(国際特許分類:G01G 19/387 20060101AFI20160422BHJP)など、共同研究の成功例も多い。GAやGPの詳細説明や応用例、デモ用ソフトウェアについては研究室のホームページ(http://www.iba.t.u-tokyo.ac.jp/)を参照されたい。GA/GP入門のムービー(実務者向けのセミナーでの講演内容)も視聴可能である。進化計算のわかりやすい入門とおもな応用例は、「伊庭斉志:" Excelで学ぶ進化計算",オーム社」にまとめられている。
●研究者
教授 伊庭 斉志
大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻
●画像


クリックで拡大

貨物コンテナへの積み込みの最適化
(C) 伊庭斉志

伊庭斉志著『Excelで学ぶ進化計算‐ExcelによるGAシミュレーション‐』(オーム社、2016)

組合せ計量装置:【国際特許分類】 G01G 19/387 20060101AFI20160422BHJP
(C) 伊庭斉志
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。