新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7227   (公開日 2016年09月30日) (カテゴリ 情報・通信経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育
空間ビッグデータの解析手法
●内容 近年、交通系ICカードや各種ポイントカード、GPS搭載端末などの普及により、人間の移動や購買に関する極めて詳細な空間ビッグデータの蓄積が進行している。この種のデータには、行為の行われた場所や時間に関する位置情報が含まれており、そこから有用な情報を抽出することで。様々な公共政策やビジネスに役立つものと期待されている。 しかし従来の統計学等には、位置情報という新たなカテゴリのデータを明示的に考慮する手法が十分に整備されておらず、新たな解析手法の開発が求められている。当研究室では、空間ビッグデータの解析と利活用を通じて、様々な時空間現象からの法則性の発見と原因の追求、社会的課題の解決支援やビジネス分野への応用を目指している。例えば、
・移動中のSNS利用がその後の行動に与える影響
・列車の遅延・事故発生時の乗客行動
・移動・購買履歴に基づく詳細な商圏変動の推定
・帰宅途上と休日の買い物行動の差異
・気候条件が屋内・屋外施設利用に与える影響
などの課題が有り得る。こうした研究に関心を有する企業や団体との共同研究を進めていきたいと考えている。
●研究者
教授 貞廣 幸雄
空間情報科学研究センター
●画像


クリックで拡大

博士課程大学院生の1年間の移動履歴
(C) 貞廣幸雄

千葉県における40年間の人口分布変動の可視化
(C) 貞廣幸雄
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。