新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7266   (公開日 2016年11月02日) (カテゴリ 素材エレクトロニクス基礎科学
固体状態で蛍光強度が低下しない発光性有機ケイ素化合物
●内容 発光性化合物は有機エレクトロルミネセンス(EL)材料などディスプレー素材として着目を浴びている。発光性物質の多くは芳香環(πユニット)で連結した化合物群であるが、その多くは有色(可視光に吸収を有する)であり、固体状態でπ-スタッキングや凝集を起こし、蛍光強度の低下がしばしば観測される。こうした欠点を打破するためケイ素を含む有機化合物の研究を行っている。具体的にはケイ素を含む5員環(ジベンゾシロール類)、6員環化合物(9,10-ジヒドロ-9,10-ジシラアントラセン類)やケイ素―ケイ素結合(ジシラン類、オリゴシラン類)を有する化合物を金属錯体触媒と塩基の存在下、効率良く合成している(図)。これらは単結晶X線構造解析により固体状態では分子間に相互作用は存在せず、それ故に固体中で高い蛍光量子収率を示す。ITO基板上に25 nm程度で真空蒸着できることからディスプレー材料として応用可能である。ケイ素を含む様々な発光性有機化合物に関心を持つ企業・団体との共同研究を希望する。
●研究者
教授 西原 寛
大学院理学系研究科 化学専攻
准教授 山野井 慶徳
大学院理学系研究科 化学専攻
●画像


クリックで拡大

固体状態で高い蛍光量子収率を示す有機ケイ素化合物
(C) 西原研究室
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。