新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7293   (公開日 2016年12月20日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品
RNAサイレンシングによる1遺伝子特異的ノックダウン法の利用
●内容 近年のゲノム科学研究の進展により、ヒトを含む高等真核生物には、タンパク質をコードしない非コードRNA (non-coding RNA)とよばれるRNAが多量に存在し、様々な生命現象を制御していることが明らかにされている。RNAサイレンシングは、21塩基程度の小さな2本鎖RNAであるsmall interfering RNA (siRNA)やmicroRNA (miRNA)が、相同な塩基配列をもつ遺伝子の発現を抑制する現象である。
 この研究室では、RNAサイレンシングの機構を解明するとともに、siRNAによって特定の遺伝子の発現を特異的にノックダウンするRNA干渉法という手法の構築を行っている。他の遺伝子に全く影響を与えず、効率よく特異的に遺伝子の発現を抑制できるsiRNAは、その作用機序に基づくいくつかの特徴をもっている(図参照)。このようなsiRNAの設計法に関する最新の方法については、ウェブサイト(http://sidirect2.rnai.jp/)で公開しているのでご利用いただきたい。
 昨今では、RNA干渉法は遺伝子機能解析のための新しい手法として利用されるだけでなく、その医薬応用にも大きな期待が寄せられているため、副作用を排除した本手法は非常に有効と考えられる。このような手法を利用するためのアドバイスや、疾患などにおける特異的な遺伝子ノックダウンを利用した遺伝子ネットワークの解明などに関心のある企業等との連携を進めたい。
●研究者
准教授 程 久美子
大学院理学系研究科 生物科学専攻
●画像


クリックで拡大

RNA干渉効果が高く標的遺伝子特異的抑制作用を示すsiRNA
(C) 程 久美子

非特異的なsiRNAと特異的なsiRNAによる遺伝子抑制作用のマイクロアレイ解析結果
(C) 程 久美子
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。