新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7315   (公開日 2017年05月23日) (カテゴリ 医学・薬学
金属を用いないトリプトファン選択的タンパク質修飾反応
●内容  がんやアルツハイマー病などの難治性疾患にも有効な医薬品の開発が望まれるさなか、ペプチド製剤やタンパク質製剤は魅力有る医薬群として注目を集めており、「化学修飾型タンパク質製剤」が次世代型医薬群として有望視されている。
 しかし、タンパク質の化学修飾法はその機能向上や人工機能付与を行なえる方法論だが、立体構造への影響を最小限にしつつ、高い化学選択性をもってそれを行うことは従来困難だった。
 この研究室では、独自開発した「安定有機ラジカル」を用いることにより、生物活性ペプチド・酵素・抗体などに含まれるトリプトファン残基に対し、多彩な機能性小分子を結合させ、均質性の高い修飾体を得る方法を開発した。水中・室温・ほぼ中性条件・短時間で実施でき、試薬を混ぜるだけの簡便な操作で行えるため、合成化学が専門でない科学者でも実施可能な、実用性の高い手法である。これは、化学修飾型タンパク質製剤の品質管理・薬効制御などの面で大きな進展をもたらす成果と考えられる。
 製薬企業やタンパク質研究を行っている企業との、上記研究結果を用いた共同研究を希望する。
●研究者
講師 生長 幸之助
大学院薬学系研究科 薬科学専攻
●画像


クリックで拡大

金属を用いないトリプトファン選択的タンパク質修飾反応
(C) 有機合成化学教室
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。