新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7367   (公開日 2017年09月29日) (カテゴリ 環境・エネルギー機械航空・宇宙
マイクロガスタービンの性能向上を目指した小型ウェーブロータの開発
●内容  本研究室では、マイクロガスタービンの熱効率改善を目的として、ウェーブロータの研究開発に取り組んでいる。
 ウェーブロータは、多数のチューブ(セル)を有したロータと、その両端に配置された給排気ダクトで構成されている(図1)。図中左側のダクトには高圧燃焼ガスと低圧空気が供給され、その圧力差によって衝撃波が発生し、チューブ内を往復伝播する。すると、衝撃波がピストンのような役割を果たし、低圧空気が圧縮され、右側のダクトに排出される。これを既存のガスタービンに追加することによって(図2)燃費を大幅に改善することができ、特にマイクロガスタービンの場合には、その改善効果が大きくなると期待されている。
 このウェーブロータについて、特に出力10kW以下のマイクロガスタービンを念頭に置いたCFD解析や試作機の開発等を進めており、本研究に関心のある企業・団体等との共同研究を希望している。
●研究者
准教授 岡本 光司
大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻
●画像


クリックで拡大

図1 ウェーブロータ
(C) 岡本光司

図2 ウェーブロータ搭載型ガスタービン
(C) 岡本光司
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。