新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7381   (公開日 2017年11月13日) (カテゴリ 社会・文化・教育
アジアの法・歴史・社会
●内容  額定其労(エルデンチロ)研究室では、比較アジア法制史の構築を試みている。法の近代化問題も視野に入れながら、アジア各地域や民族の固有法の特性と普遍性について比較の視点から研究している。現在取り込んでいる主な対象は、モンゴルと日本、中国、韓国である。とりわけ、モンゴルや日本、中国の歴史と社会に関する知識と経験が豊富であり、これらについて国内の自治体や企業に紹介することが可能である。また、中国(内モンゴル)や日本、オーストラリア、イギリス、アメリカにおいて長期(それぞれ一年以上)滞在したことがあり、文化や国際関係を巡るグローバルな知識もある。東京大学ではアジア国際法の歴史について講義しているほか、2018年春学期からは日本の家族法について国際的な比較の視点から教える予定である。
●研究者
准教授 額定其労
大学院情報学環  
●画像


クリックで拡大

中国・青海省海西州ウラン縣における草原開発風景。モンゴル人が放牧地として使っていた草原が、鉱山企業の工場の敷地となった(2006年撮影)。
(C) 額定其労

中国・内モンゴル自治区ハンギン旗における砂漠性草原と家畜放牧。地元企業の風力発電機が設置され、家畜の放牧が禁止されたが、干ばつの時はここしか放牧するところがない(2009年撮影)。
(C) 額定其労
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。