新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7422   (公開日 2018年11月14日) (カテゴリ 情報・通信経済・経営・政策・法律社会・文化・教育
計算社会科学で読み解く世界情勢
●内容  本研究室では、シミュレーション、データ科学、ネットワーク科学など計算機に依拠した多彩な手法を駆使して、国際関係や世界情勢に関わる様々な分析を行ってきた。代表的な研究成果としてシミュレーションと地理空間データを統合的に活用したアフリカの紛争分析(阪本,2011年,『領域統治の統合と分裂』書籍工房早山)、シミュレーションを歴史的な国際危機の分析に適用した研究(阪本・保城・山影,2012年,『ホワイトハウスのキューバ危機』書籍工房早山)などがある。また、最近では、自然言語処理や機械学習を用いた国連文書の大規模テキスト分析、ネットワーク科学とデータマイニングを用いた「持続可能な開発目標(SDGs)」への世界的な取り組みの分析等を行っている。
 これら先端的な分析手法を様々な社会現象の理解や予測に役立てようとする動きは、「計算社会科学(computational social science)」とも呼ばれ、今日世界的な広がりを見せている。本研究室では、特に国際関係や世界情勢の動向に関心を持つ企業・自治体・団体等に対して、この新たな研究分野の成果をダイレクトに還元するコンサルティングを行うことが可能である。
●研究者
准教授 阪本 拓人
大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻
●画像


クリックで拡大

公的資金フローのデータから抽出した開発援助ネットワークの変容
(C) 阪本拓人
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。