新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7436   (公開日 2018年06月20日) (カテゴリ 社会・文化・教育
ラテンアメリカ地域の政治・社会に関する理解の促進
●内容  ラテンアメリカは人口約6億人を抱え、世界経済の約6%を占める。途上国が占めるこの地域は貧困、格差、治安の欠如といった問題を抱える場としてクローズアップされることが多いが、そうした制約を克服すべく、積極的に政治に関わろうとする活発な市民社会の存在が注目される。近年では、急速に成長するアジア経済のパートナーとして、ラテンアメリカ地域に対する関心が高まっている。
 この研究室では、ラテンアメリカ諸国の政治的特徴を比較の視点から分析を進めている。比較はラテンアメリカ域内の共通性や多様性を考察するのみならず、世界の中におけるラテンアメリカの特徴を捉えることも含む。歴史的背景への理解と厳密な比較の手法を踏まえた調査の蓄積を生かした情報提供が可能である。
●研究者
准教授 宮地 隆廣
大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻
●画像


クリックで拡大

宮地隆廣『解釈する民族運動 : 構成主義によるボリビアとエクアドルの比較分析』(東京大学出版会、2014年)
(C) 宮地隆廣
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。