新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7523   (公開日 2018年10月29日) (カテゴリ 医学・薬学
超高齢社会におけるロコモティブシンドローム予防法の確立
●内容  この研究室が中心となり2017年に設立された「ロコモ予防学講座」では、変形性関節症、骨粗鬆症、サルコペニアをはじめとする高齢者運動器疾患の大規模統合データベースを構築し、運動器の障害のために要介護となる危険の高い状態であるロコモティブシンドロームの治療法開発や、これ以外にも要介護に影響を及ぼすと考えられるサルコペニア、フレイル、認知症対策に繋がる疫学的エビデンスの解明を目指している。
 本講座では、2005 年からわが国の高齢者運動器疾患およびそれによる要介護移行の予防を目的として、一般住民を対象とした大規模コホート疫学研究(ROADプロジェクト)を開始した。このプロジェクトの骨関節疾患を予防目的とした住民コホートは世界最大規模であり、2015 年〜2016 年には10年目の追跡調査を完了している。
 今後は10年間の追跡調査結果をふまえて、観察疫学とゲノム疫学の手法を駆使し、ロコモティブシンドローム、変形性関節症、骨粗鬆症、サルコペニア、フレイル、認知症をはじめとする高齢者運動器疾患の発生率、発生に関わる危険因子、ADL/QOL への影響、要介護移行率、要介護予防のためのスクリーニング手法の開発などの充実をはかる予定である。
 このようなデータベースに基づく運動器疾患予防法開発に関心のある医療、創薬、介護関連の企業、及び調査実施・政策立案等を考える官公庁・地方自治体・関連団体との連携を希望する。
●研究者
教授 田中 栄
大学院医学系研究科 外科学専攻
●画像


クリックで拡大

タイトル:ロコモティブシンドローム
 ロコモティブシンドロームは骨・軟骨・筋肉などの運動器の障害によって立つ、歩くなどの移動機能が低下した状態をいう。進行すると介護が必要になるリスクが高くなる。
(C) 田中 栄

ROAD研究から明らかになった60歳以上におけるフレイル、サルコペニア、骨粗鬆症の合併(数字は%)
(C) 田中 栄
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。