新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7535   (公開日 2018年12月10日) (カテゴリ 農林水産・食品環境・エネルギー情報・通信経済・経営・政策・法律
ブロックチェーンとその応用
●内容   ブロックチェーンは、追記更新と随時検証が可能な形で、取引記録や処理記録などを分散共有管理する自律分散システムである。2009年に登場した仮想通貨ビットコインで使われて以来、フィンテックだけでなく、小口電力売買管理、食料サプライチェーン管理、医療情報システム管理などの応用に期待が集まり、活用事例も増えている。松浦研は、ビットコインの登場以前から、ブロックチェーンを支える主要技術や経済工学的理論の多くに関する先駆的な研究成果を挙げている(仮想通貨の採掘に使う作業証明技術は1998年、デジタルタイムスタンプ技術は1999年、仮想通貨のトークンモデルとその金融派生商品は2001年、記録の証拠性を支える電子公表技術は2003年)。また、本格的な科学的評価を経ずに実用化が過熱している問題を克服するため、国際的な研究ネットワーク<http://bsafe.network/>の初期ノードの一つを2016年から運用し、産学連携活動であるBASEアライアンス<http://base-alliance.org/ja/about/>を2017年に立ち上げるなど、ブロックチェーンを基盤技術として育てる環境を整えている。
  以上のようなアドバンテージの活用やコンサルティング、安全なブロックチェーン技術とその応用や評価に関心を持つ民間企業・公的機関・地方自治体との共同研究等を検討したい。例えば、図のように「人工知能が安心して参照できる情報」をブロックチェーンで共有するシステムは、応用範囲が広い。
●研究者
教授 松浦 幹太
生産技術研究所 情報・エレクトロニクス系部門
●画像


クリックで拡大

ブロックチェーンによる人工知能保護技術

「人工知能が安心して参照できる情報」を、真正性を保って随時更新可能かつ検証可能な形でブロックチェーンに共有する。
(C) 松浦幹太
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。