新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7604   (公開日 2019年09月04日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品基礎科学
健康な脂肪細胞をつくるためのエピゲノム解析・編集技術
●内容  脂肪細胞はエネルギーを脂肪として貯蔵する器官であり、飢えと寒さから生命を守るために発達してきた。しかし文明が進歩し便利になった現代の生活環境においては、脂肪細胞は過剰な脂肪を蓄積するなど、本来の生理的機能を発揮できず、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病発症の一因となっている。DNA メチル化やヒストン修飾などのエピゲノムは、環境に依存して後天的に書き換えられる遺伝情報である。エピゲノムは遺伝子の働き方や細胞の質を決定する。
 当研究室では、脂肪細胞において高精度・高解像度なエピゲノム解析技術を確立し、「寒い」環境がエピゲノムを変化させて脂肪燃焼体質を作り、肥満を抑制するしくみを明らかにした。また、過剰な栄養環境がエピゲノムを介して脂肪蓄積体質をつくることを明らかにした。さらにこれら基礎知見を集約し、エピゲノム編集技術を開発することで、脂肪細胞の質を制御することを目指している。
 人間本来の健康な脂肪細胞は空腹時にエネルギーを供給でき、寒い時に脂肪を燃焼できる。健康な脂肪細胞をつくり、体質を改善する技術や方法論を確立することは、国民の健康と QOL 向上につながると考える。このような研究に興味のある医薬・ヘルスケア分野などの企業との共同研究を希望する。
研究室URL:http://www.mm.rcast.u-tokyo.ac.jp/
●研究者
准教授 松村 欣宏
先端科学技術研究センター  
●画像


クリックで拡大

エピゲノムを知る・変えることで健康な脂肪細胞をつくり、体質を改善する
(C) 松村 欣宏
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。