新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 7620   (公開日 2020年11月12日) (カテゴリ 医学・薬学情報・通信経済・経営・政策・法律社会・文化・教育
状態空間モデルによる統計分析・データサイエンス
●内容  本研究室では、様々なデータの統計的分析手法(データサイエンス手法)に関する研究を行っており、特に状態空間モデルを用いたデータ解析手法の効果的な活用・理論開発およびその実装に取り組んでいる。
 状態空間モデルとは、観測されているデータに背景に「見えない構造」が隠されていることを想定した分析モデルであり、購買行動における顧客の様々な嗜好、患者ごとに異なる治療効果、物件価格のエリア別の相場感、市場全体の流れや潜在的需要、などの「データからは直接見えないが分析において重要な情報」を自然に扱うことが可能となる。また、上記のような、分析者が直感的に理解しやすい概念をデータ分析に取り入れることで、分析結果を容易に解釈することが可能となる。これは、AIや機械学習の単純な運用では必ずしも達成することができない性質であり、分析結果をもとに政策的・経営的な意思決定を実施していく上での大きな利点となる。
 このような分析技術を活用することで、「産」「官」が抱える様々なデータ分析的課題を解決することが可能であると考えている。
●研究者
講師 菅澤 翔之助
空間情報科学研究センター
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。